英語 独学攻略法

独学で勉強している英語攻略法について書こうと思います。

5文型 英語 理解するコツ?



スポンサードリンク





 


最近、やっと英語の5文型の意味が、わかってきました。

 


英語の5文型とは?

 


第1文型 SV    (主語+動詞)
第2文型 SVC   (主語+動詞+補語)
第3文型 SVO   (主語+動詞+目的語)
第4文型 SVOO  (主語+動詞+目的語+目的語)
第5文型 SVOC  (主語+動詞+目的語+補語)

 

 

英語の文は、この5文型のどれかにあてはまるといわています。

 


第1文型は?

 

SVです。


I walk. 
(日本訳)わたしは歩きます。


I went.
(日本訳)わたしは行きました。

 

 

第2文型は?

 

 

第2文型のC(補語)は、状態をあらわしてるんですね。
よく文法の本とかを読むと、S=Cといわていますね。


=の部分は、isやbe動詞をつかうことが多いですね。
isは、=と考えてOKです。

 

He is a teacher.
S  V  C

S  =  C

 


(日本訳)彼は先生です。

 


S(主語)をCが説明してるんですね。
この文ですと、彼は先生と説明してますね。

 

 

 

第5文型は?

 

 

第5文型のC(補語)は、O(目的語)のC(状態を)をあらわしているんです。
SVOC  (主語+動詞+目的語+補語)
→S+V+O=C

 

I found the book difficult.
S  V      O     =    C


その本(目的語)の状態が、難しいということですね。

 


(日本訳)わたしはその本を難しいと思った。

つまり、OをCがこういう状態ですよと説明してるんですね。

 

 

あと、こんな使い方もあります。

I think her  a great doctor.

S  V     O  = C

 


(日本訳)わたしは、彼女がすばらしい医師だと思う。

彼女のことをすばらしい医師と説明してるんですね。